和田一夫ウェブサイト ホーム
和田一夫に聞く-もう一つのシリコンヴァレー物語

 
Q 社員が増えるにあたって、やる気がない社員と頑張る社員がでてきています。1つの目標をたててみんなで成長する会社にしたいのですが、ヤオハン時代に社員をどのように引っ張っていかれたのか、又どのような、教育をされたのか教えていただきたいのですが。(34歳/広島県/会社員)
Q 「北海道復興」というのが私の考えです。北海道は本州に比べ依然高い失業率にあります。この中で今自分は何ができるのか、実が伴わない今、書物や孫子の兵法を読み、志を抱いて毎日を思案に暮れています。私は企業家のように一途に戦況を走る役ではなく、その状況から一歩離れて、冷静に戦局を見て分析し、策を練る役になりたいと思っています。(23歳/北海道/フリーター)
Q 起業したばかりの会社や、社員がごく少数であるために会社の規約やルールがなかったり、雇用したときも雇用契約書がないということがあります。私もベンチャー企業を起こし、そのために、様々なトラブルがありました。和田さんは、そのために社員に裏切られたというような経験はありますか?(22歳/福岡県/会社員)
Q ベンチャー企業家を志して、やりたいことはあっても「どういうビジネスをやったらいいか」わからない若者が多いのですが・・・(38歳/福岡県/経営者)
Q  私は現在大学生なのですが、小中学校で情報教育の一環としてパソコンを教えています。今後パソコンの授業を通して地域のことを伝えていきたいと思っています。また、今度小学校の科目に「総合学習」という科目が新しく追加される予定です。総合学習という授業は地域の力で子供達に教育を行っていこうというものです。このように新世紀になり次第に教育状況も変わりつつありますが、和田さんは「子供達にこれだけは伝えたい」というものは何かありますか?(34歳/山口県/会社員)
Q 新規事業を起こすときの心構えなどがあれば教えてください。(18歳/福岡県/学生)
Q 現在九州工業大学の大学生なのですが、大学を卒業してある程度自分に力がついたら、実家に戻ってそこで起業し、地元を盛り上げていきたいと思っております。地元はとても田舎でどちらかというと東京、大阪、福岡といった情報の中心から外れたような場所でパソコンのソフト関係の仕事を起業しようと考えているんですが、企業を起す場所というのはある程度考慮しながら考えた方がいいのでしょうか?(21歳/福岡県/学生)
Q 飯塚市を中心とした筑豊地域で農業改良普及員として20代、30代の青年農業者の指導等を行っていますが、儲かる農業経営のためには、野菜や米などの農産物の生産だけではなく、販売まで含めて流通面にも力を注ぐ必要があると考えますが、このためには青年農業者に対してどのようなアドバイスをしていけばよいでしょうか。 (43歳/福岡県/農業)
Q 私は、かねてから中国での事業を検討しておりました。妻が中国人ということもあり長い目で見て研究しております。中国で事業をすることについてどう思われますか?(40歳/東京都/会社役員)
 


和田一夫HOME メッセージ歴史講演活動今を生きるゼロからの再出発もう一つのシリコンヴァレー物語
|中国で生きるビジネス学経営者として学んだ道21世紀のリーダーとして講演依頼取材依頼プライバシーポリシー
和田一夫ウェブサイト